ニーズに合わせて選べる決済サービスの種類

自分に合った決算方法で、空いた時間に利用しよう

コンビニ決算での支払い方法

払込票方式で支払おう

パソコンや機械が苦手な方、結構いらっしゃいますよね。
最近は病院なんかでも、精算する時には機械で支払ったり、スーパーなどもセルフレジが出てきました。
便利なのかもしれませんが、慣れていない人や、機械が苦手な人にとっては、毎回毎回失敗したらどうしようと、変に緊張してしまいますよね。
そんな方には、バーコード付きの支払い書を郵送してもらうのが一番だと思います。
支払い期限があり、期限が切れてしまうと、支払い用紙が使えなくなってしまい、再度支払い用紙が届くのを待って、支払いをしなければいけないのと、場合によっては延滞料が加算されている可能性があります。
そこだけ注意すれば、後は請求書を持ってコンビニで支払いをするだけなので割と楽でしょう。

払込用番号方式で支払おう

このタイプは請求書が郵送されてくるわけではなく、メールで請求金額等が送られてきます。
メールには専用番号が記載されています。
その番号をメモするか、携帯電話にメールが届いた場合は、携帯電話本体を持って行き、コンビニへ向かいます。

コンビニに設置されているマルチメディア情報端末(コンビニによってはない場合もあります)を使って、メールに記載されていた番号を入力します。
すると、バーコード付きの紙が機械から発行されるので、それを持ってレジへ行ってください。
ここまでしたら、後はお金を払うのみです。

払込票方式と違って、明細書の内訳が携帯で保管できます。
プライバシー保護も徹底しているので、個人情報流失の心配はほぼないと言えるでしょう。


この記事をシェアする